HOME 産婦人科の世界 ご注文 会社案内 リンク
 
最新刊
概要

 

投稿規定

1.投稿内容および受理について
 (1)投稿原稿は未発表のものに限る。
 (2)投稿原稿は編集委員の査読を経て採否を決定する。掲載済みの原稿は返却しない。内容によっては多少の変更をお願いすることもある。
 (3)投稿原稿(依頼原稿を除く)には,必ず400字以内のアブストラクトをつける。
2.論文の書きかたについて
 (1)原稿は400字詰原稿用紙にてワープロ使用左横書きとし,文章はひらがな混じりの口語体で簡潔に,当用漢字,現代かなづかいに従い,句読点を正確に打ち,改行を明瞭にする。
 (2)原稿枚数は原則として20枚以内(図表別)とする。

 (3)図表および写真の個数については5個以内とする。

 (4)主要文献は10個以内とし,次の形式による。本文中にこれを引用した個所に順次番号を付け,文末尾に一括してその順に掲げ,番号は 1) 2) 3) とする。
雑誌の場合――番号)著者名:誌名,巻数:頁数,西暦年次. の順に記し,誌名は規定または慣用の略名に従う。
〔例〕  1) 山田太郎,他:ホと臨床, 27:235,1979.
単行本の場合――番号)著者名:表題,頁数,発行所,西暦年次.
〔例〕  2) 山本太郎:内分泌学,530,医学の世界社,東京,1979.

 (5)原稿第1頁には表題,著者名,所属役職名を順に明記する。なお,表題,筆頭著者名,所属役職名は英文も明記する。また著者名と所属役職名の符号は*1 *2 *3 とする。
〔例〕  山田太郎*1  山本次郎*2
      *1――大学医学部――科学教室
      *2 同 教授
      Taro Yamada: Title
      Department of ――, Faculty of Medicine, University of ――.

(6)本文中,欧文技術用語は可能な限りカタカナを使用する。
(7)外国人名,物名,地名,雑誌書籍名などは原語を用い,かなを用いる場合はカタカナとし,「 」,アンダーラインなどはつけない。
(8)数字は算用数字を用い,度量衡などの単位はkm, m, cm, mm, μ;cm2,mm2,ml, l, dl;kg, g, mg, γ;時,分,秒;n C  nF ;(ホルモンの生物学的単位は,マウス単位をMU(ME);ラッテ単位をUR(RE);家兎単位をReb U(KE);鶏冠単位をCU(HK);国際単位をIU)などの記号を用いる。
(9)表は別紙に添付し,表が挿入されるべき位置を本文欄外に明示する。
(10)図および写真は鮮明なものとし,上下をはっきり指示し,別紙に添付する。なお,説明文は一括して原稿に明記する。写真はリバーサル(スライド用)およびカラー写真は避け,白黒写真で紙焼きを使用する。図,写真の挿入されるべき位置は本文欄外に明示する。
(11)希望によりカラー印刷も可能であるが,版代,印刷代等の実費を掲載料の他に請求する。
(12)投稿の際は,オリジナル原稿とともにコピー(表,図,写真を含む)を1部添付する。
(13)パソコン,ワープロ使用の場合,可能なら原稿とともにフロッピーを同封する(校正時返却する)。
3.校正について
原稿の校正は初校を著者校正とする。校正に際しては原稿として文章の書きかえ,図表の移動などのないようにする。
4.別刷および贈呈誌について
(1)必要別刷部数は著者校正の際,初校ゲラ刷に記入する。
(2)別刷は30部まで無料とする。
(3)31部以上についての別刷は,100部単位でその制作費用は著者負担とする。
(4)論文執筆筆頭者に掲載誌を1冊贈呈する。
5.投稿費用について
製作費用(組版代,トレース代,製版代,他)および掲載料を請求する。
6.特別掲載について
医薬品,医学用具等の研究報告についても投稿論文と同様の扱いとする。

 

〔送付先〕 〒102-0073 東京都千代田区九段北1-12-4 徳海屋ビル内
医学の世界社 ホルモンと臨床編集部
TEL. 03-3239-3258

 

Copyright 2004 , Igakunosekaisha, Inc. All rights reserved.